自社プロデュースブランド紹介

4パックアーツ株式会社がプロデュースするブランドをご紹介します。


■ 115年の歴史を持つ最高級ショコラトリーブランド
HIRSINGER (イルサンジェー)
http://www.hirsinger.co.jp/

c0194011_1332153

chocola2

<イルサンジェーブランドについて>
イルサンジェーの創業者オーギュスト・イルサンジェーが生まれたのは、普仏戦争直後のアルザス地方。悲惨な戦後の状況下、誰しもが陰鬱な気分に苛まれ、国中から笑顔と希望が失われていた時代でした。「自分の手で、愛する人々の笑顔を作りたい」そんな夢を胸に念願のブティック「HIRSINGER(イルサンジェー)」を創業したのは西暦1900年、彼が27歳を迎えた年にあたります。

イルサンジェーは大地の揺れるような激しい戦争を2度乗り越え、時代も国境もこえて愛される名門ショコラトリーとなりました。強い意思と確かな技術は直系4代にわたり受け継がれ、今日も最高品質のショコラで世界中の人々の笑顔を生み出しています。

イルサンジェーの店舗は、世界中で、フランスの本店と、パックアーツが運営している東京ブティックの2店舗のみです。


 


■ カカオの焙煎から全て自ら作り出すカカオ職人のチョコレートブランド

Patorice Chapon(パトリス・シャポン)
http://chocolat-chapon.com/ja/

20131114_494106

<パトリス・シャポンについて>
1825767-aux-origines-du-chocolat-avec-le-chocolatier-patrice-chapon

パトリス・シャポンは、バッキンガム宮殿のお姫様専属のアイス職人としてキャリアをスタート。約30年前、幅広い種類のスイーツを作るパティシエールの職業を選ばず、チョコレート職人という限定された職を選び、第二のキャリアをスタートさせました。彼の特徴は、チョコレートを作るに至るまでの、第一の工程である、カカオの選抜から焙煎までを自らの工場で行っていること。

ブラジルの森の繁茂の中へ、ジャスミンや月下香と美しさを競うカカオの木の在るマダガスカルサンビラノ地方のミロ農園へと自ら足を運びます。

 2012年よりパトリス・シャポンは、自社の焙煎アトリエを整備することで、ショコラティエすべての夢である、自身のチョコレートを練り上げるようになりました。カカオの加工に必要な機械を集めるための何年もの研究と、カカオ豆を最高級のカカオに変化させることのできるロースター、Cacaotarareと呼ばれる昔の機械、コンチェを揃え、チョコレートを作っているのは、フランス全土の中でも片手ほどもいないというこだわり様。昔の道具を使った現代風の製造によって、製造過程を完璧に制御しています。こうして彼は、カカオ豆からボンボンショコラまでの製造工程の全てを管理し、独自のチョコレートを作っています。


■ 見た目可愛いけど味は本格派の料理とスイーツ ニコラハウス
http://www.nicolasusagi.com/

NICOLAS HOUSEは、1階と2階に分かれ、本格スイーツと本格フレンチ料理が食べられるニコラシャールカフェ本店・ニコラフレンズ雑貨屋さん・ニコラのうさぎシュークリーム工場・フランスの家庭料理をベースに、見た目可愛いけど味とこだわりは本格派の専門店ニコラ食堂が合体した、いろいろなブランドが集まった、複合施設です。

<料理研究家ニコラシャールについて>
nicolas

フランス1つ星レストランで働き、オーソドックスなフランス料理のフルコースの前菜からメイン、デザートまでを一人で作れるスキルと、新しい食感、新しい味を作り出す独創性で評価を高める。22歳の時に、さらに深く料理人、パティシエの生き方を深めるべく、15年前に日本に来日。久々野智 小哲津に出会い、自らの名前を冠したお店を2014年1月に開店。

来日のきっかけとなった、うさぎをモチーフにしたスイーツや、瓶詰めサラダの名村ジャーサラダなどのブームを久々野智とともに作りました。


「二コラシャール」「イルサンジェー」などのプロデュース実績を持つ当社。
数々のTV・メディアに出演を果たし、各ブランドを成功に導いてきました。

media
※承諾の上掲載しております。

どんなに良い商品やサービスも、ただ売り出すだけでは「ブランド」には
なりえません。より多くの人の興味を惹き、ファンを生み出す戦略が必要です。

その戦略を練るのが【パックアーツ株式会社】。
私たちは自分たち独自の“色”を持たない、黒子のような存在です。

1、新しい価値を出す。
2、かっこいい、可愛い。
3、よく考える、よく話す。

この理念のもと、各ブランドの“色”を理解し、個性を補強。
様々な手段を使い、日本中にブランドをアピールします。

「こんなコンセプトのお店、ワクワクする!」
「こんなイベントがあったら、思わず足を運びたくなる!」
「こんな風に予告すれば、新作への期待が高まりそう!」
社員一人ひとりから生まれるアイディアを活かして
ブランドそのものの個性づけから、集客や収益につながる
サイドビジネスまでをトータルにプロデュースしています。


=広告費をかけずに、自社で口コミを作る 人が熱狂するイベント企画=

■ ショコラフェス
フランス・イタリア・アメリカのブランドを、
自社で4店舗銀座にて運営。
合同企画として、1日限りのショコラフェスを開催。

5,000人以上が詰めかけ大混雑となった。
https://www.youtube.com/watch?v=2zgTyOdU7lw

140423web-image1-1024x727
d8042-63-719659-0

■ ニコラシャールオープニングイベント
2014年11月に、銀座から表参道へ移転。
オープニング当日、8時30分から延べ1,000人が行列を作った。
広告費をかけずに、開催したこのイベントは、
表参道で伝説となった。
https://www.youtube.com/watch?v=CLyUrJ62yvI

nicola_gyoretsu


=ブランドのストーリーを動画で伝える動画マーケティング=

自社で動画の企画、構成~制作までを行う。
文章や店舗に来店するだけでは伝わらない、
ブランドのヒストリーや情熱を伝える。

■ ニコラシャール プロモーションビデオ
(アーティストGILLEさんのご好意により音楽を使用させて頂き、
公式PVとなりました)

■ ニコラシャール 表参道復活プロモーションビデオ
銀座から表参道へ移転するまでの、ニコラシャールの思いと
苦悩を描いたプロモーションビデオ

■ イルサンジェーヒストリープロモーションビデオ
114年代々続く、フランスの名門ショコラトリーイルサンジェー。
初代から引き継がれる伝統、フランス アルボアの土地柄、
イルサンジェー一家が土地の人々に愛されている様子、
代替わりし引き継がれるヒストリーをプロモーションビデオとしてまとめました。

■ イルサンジェーパーティー
イルサンジェーにて開催された、
3代が揃ったパーティーの様子をまとめました。

■ イルサンジェー こだわりの製造手法
1つ1つ手作りで作られ5日間かけて作られるショコラ。
フランス国家最優秀職人賞を受賞した、エドワールイルサンジェーの技術。
その作り方、守られる技術をプロモーションビデオにまとめました。

■ 銀座ショコラストリートver Pharrell Williams – Happy (Official Ginza Ver.)
ユーチューバーの中で流行した、
Pharrell Williams – Happyのオリジナルプロモーションビデオを、
銀座ショコラストリートverとして制作。
来店頂いた、総勢100名以上の方とともにご参加頂きました。